38歳独身男性大学教師の割り切りの恋

私は、趣味や外国語に関するブログをやっていたのですが、わりと頻繁に更新していたこともあり、読者がそこそこついていました。
そんななかにコメントをよくくれる方がいて、メールをやりとりするようになったのです。
そして、そのうちに、自分はある地方の県のミス~~に選ばれたこともあり、顔にも身体にも自信があります、などということをメールに書いてきました。
さらに、あなとと是非お会いしたい、などど続くのですから、こちらとしてはたまったものじゃありませんでした。
しかも、最初の待ち合わせとして指定してきた場所が、都内の高級ホテルのプールというのですから。
私が学生時代水泳部にいて泳ぎは得意だと書いていたからなのでしょうか。
それとも、彼女は最初から自慢の水着姿で私を悩殺しようという作戦にでたのでしょうか。

約束の日の前日、私は興奮してほとんど一睡もできませんでした。そして、都心にあるホテルに向かい、かなり高い金額を支払ってプールに入場しました。
指定された場所で待っていましたが、それらしい女性は現れません。
約束の時間から30分ほどした時、ホテルの従業員が私の名で呼び出しをかけていました。
受付にいくと、メッセージが来ていますということで、彼女の名前で、急用ができて今日はいけなくなりました、ごめんなさい、と言う内容でした。
わたしはがっくりきて、うなだれて、一人さびしく家に帰りました。

それから、三日ほどして、彼女からメールが来て、あなたと割り切ったお付き合いがしたい、と書いてありました。
割り切り、ってどういうこと、と返すと、例えば1っか月で30万とか、という返事でした。

意味が良くわからなかった事もあり、割り切り 出会い系【大人の関係のセフレ募集ガイド】というサイトを参考に割り切りについて調べました。

そしてなるほど、それが割り切りか、と初めて私は彼女の意図がわかったのでした。
私の、「割り切り」、は一回いくらじゃなくて、月単位でお願いしたいの、ということでした。
そして、その三日後に今度は同じホテルの中華レストランで会いました。

やっと生身の彼女に会うことができたのです。
顔にも身体にも自信がある、と言う彼女の言葉に嘘偽りはありませんでした。
目の覚めるような超ミニスカートから?き出しにされた見事な太腿。
傍若無人に突き出した胸。
一緒にいるのが、誇らしいというより気恥ずかしくなるような派手なセクシー美人ぶりでした。

そして、食事もそこそこに、すぐに彼女が手配してあった、客室に向かいました。
私がプールで待ちぼうけを食らわせられた時、この部屋から下のプールにいる私を見ていた、と彼女は言うのです。
もちろん、他の殿方と一緒にいたのよ、とも付け加えました。
そう言いながら、もう服を脱ぎ棄てています。
黒い超ビキニのパンティーとブラジャー。
そんな風に私を極度に興奮させておいて、あらたに値段交渉が始まったのです。
結局、彼女の「割り切り」は一か月50万円という、私の月収をほとんどつぎ込まなければならない高額となり、私はそれを飲みました。